ケータイ小説 野いちご

むすんで、ひらいて、恋をして

表の顔と裏の顔
王女VS王子?

窓からそよぐ風に、髪がふわりとなびく。



春の訪れを頬で感じて、うすく目を閉じながら……



今夜の夕飯はがっつりとかつ丼が食べたいなあ、なんて思っている私は、
高校1年、春宮アリス。



「おい、春宮さん、見てみろよ」



「くーっ。ホント、絵になるよな」



「お嬢様っていうのは、春宮さんみたいな人のことを言うんだろうな」



後ろの席から聞こえてくるひそひそ声。



しっかりと聞き耳を立てながら、なにも聞こえていないふりをして、小首をかしげて微笑んでみる。



「お、おいっ、マジで麗しすぎるだろ、あの笑顔」



「すげえよな、授業中にあんなふるまいができるなんて!」



「無意識ってとこが、すげえっ!」



見かけ倒しで、嘘ついてごめんなさい。



ど庶民の春宮アリス、高校一年生です。



庶民であることがバレたら秒で散る、残念な高校生活を送っています。



「ねえ、ねえ、アリス。今週末、やっぱり無理そう?」



ふわりふわりと長い髪を揺らして鈴原あゆみちゃんがやって来る。




< 1/ 554 >