ケータイ小説 野いちご

ドライブスルー彼氏

写真

琴葉は晃くんと別れてしまったけれど、それでもすぐに元気を取り戻した。


それは表面上だけのものだったかもしれないけれど、そうやって少しずつ日常が戻ってくる。


「そういえば、SNSは消えたのかな?」


数日後、ふと思い出したように琴葉は言った。


2人でお弁当を食べていたところで、あたしは口の中にあるウインナーをゴクリと飲み下して琴葉を見た。


そうだった。


最近いろいろなことがあって、KAというハンドルネームのSNSのことをすっかり忘れていた。


あたしは気持ちが重たくなっていくのを感じた。


できればこのまま忘れていたかった。


だけど確認しないわけにはいかない。


もしもまだ投稿が消されていなければ、再度削除要請を出さないといけない。


あたしは箸を置いてスマホを取り出した。

< 94/ 159 >