ケータイ小説 野いちご

ドライブスルー彼氏

一杯になる

それから家に戻って家事をしている間もずっと明久くんの顔が頭の中に浮かんできていた。


はじめてのデートを終えて言えることはすごく緊張したこと。


そして、とても楽しかったことの2つだった。


洗濯物をたたみ終えたところでスマホが震えた。


確認してみると、さっそく明久くんからのメッセージだ。


《明久:今日はありがとう。とても楽しかったよ》


それだけの簡単なメッセージだったけれど、あたしは黄色い悲鳴をかみ殺すことに必死だった。


スマホを握り締めて、今たたんだばかりの洗濯物の中に突っ伏す。


なにこれ。


まるで付き合っている同士のやりとりみたいだ。


両足をバタつかせて嬉しさにもだえる。


琴葉も晃くんと付き合うことになったときこんな感じだったんだろうか?


あれほど不振に感じていたけれど、今は琴葉に感謝しても仕切れない思いだ。


あたしは散々もだえたあと、ようやく起き上がって明久くんに返事をしたのだった。

< 41/ 159 >