ケータイ小説 野いちご

ドライブスルー彼氏

女子高

それはいつもの学校風景だった。


なにも変わらない、乙女高校2年B組の教室内。


乙女高校という名前の通りここは女子高校で、周囲を見渡す限り女の子ばかりだ。


灰色のチェックのスカートに、灰色のブレザー。


その制服を少しでも可愛く着こなすために、ブラウスの第一ボタンを外してみたり、スカート丈を工夫してみたりと、みんな試行錯誤している。


そんな中、友人の矢江島琴葉(ヤエジマ コトハ)があたしに駆け寄ってきた。


琴葉は小柄で色白で、同年代にしては幼い顔立ちをしているため自然とみんなの妹のような存在になっていた。


「ちょっと聞いてよ里奈!」


琴葉は挨拶もせずにあたしの肩を両手でつかんでゆすってきた。


「どうしたの琴葉」


あたしは自分の席にカバンをかけながら返事をする。


琴葉の頬は高揚していて、目はキラキラと輝いている。


一見していいことがあったとわかる表情だ。


琴葉は両手を自分の口に当てて「聞きたい?」と、首をかしげて聞いてくる。


聞きたい?


と言うよりも、言いたいんでしょう?


と、心の中で思いながら「聞きたい」と、返事をした。

< 1/ 159 >