ケータイ小説 野いちご

竜王陛下のもふもふお世話係2~陛下の寵愛はとどまるところを知りません~

2.ミレイナ、猫獣人に出会う
◆◆ 3

◆◆    3 

 その日の午後も、ミレイナはいつもと同じ時間にジェラールの元を訪れた。

 ノックをすると入室を許可する声が聞こえたのでドアを開ける。ジェラールは応接セットのソファーに座り、ラルフと何かの打合せをしていた。

(タイミングが悪かったかしら?)

 仕事の邪魔をするのは申し訳ない。

「あの、お仕事のお邪魔でしょうから今日は戻ります」

 ミレイナは頭を下げ、ドアを閉めようとする。
 けれど、それはジェラールの声によって止められた。

「よい。ちょうど話が終わったところだ」

 ジェラールはすっくと立ち上がり、ミレイナの元に歩み寄ってくる。一方のラルフも、ローテーブルに広げていた書類を揃え、立ち上がる。

「ミレイナ、よく来たな」

 目の前まで歩み寄ると、ジェラールはミレイナの腰に手を回して部屋の中に促す。

< 45/ 244 >