ケータイ小説 野いちご

不良男子と私の話。

転校生





夏休みが終わってから早1ヶ月が経った頃。

夏休みの事も記憶が薄れて行っていった。




眠くなる授業を毎日受けて、家に帰るという繰り返しの毎日。



刺激もないし…

特に刺激を求めているわけでもない。




最近、先輩に会って少し嬉しかったくらい。


話てはない。

ただ、見かけたというだけの話。



見かけただけで、嬉しいって何だか芸能人を見ている気分だった。






毎日、変わらぬ日々を過ごしていた頃のこと。

いつのように朝、学校へ行くと…慌ただしく私のところへ友達が走ってきた。






『どうしたの?』

「転校生が来るらしいよ」




みんな、

どこからそういう情報を得るんだろうか…



こうやって、人に伝えて行くから噂は一瞬にして広まっていく。




本当の事ならいいけど…悪い噂なら、怖い。

世間は狭いなぁと実感する。






< 8/ 232 >