ケータイ小説 野いちご

不良男子と私の話。

夏休み






中学2年ー




夏休みが終わり、憂鬱な気分で学校に向かっていた。




一生、休みだったらいいのに…

そんな、不可能な話を考えながら学校まで、自転車を漕いで15分、到着した。





自転車置き場で、友達に会った。

先週会ったばかりだから、久しぶりという感じはしなかった。





「おはよう、紗良(さら)」

『おはよう』

「眠いんだけど」

『わかる』

「一生寝てたい」

『それって死んでるじゃん』




大笑いしながら、教室に向かった。






< 1/ 232 >