ケータイ小説 野いちご

家出少女は不器用王子と恋をする。

雨と傘


梅雨入り。

雨。

午前8時12分。

遠山駅北口前。

通勤ラッシュの真っ只中。

びしょびしょの制服。

私は駅の入口でうずくまっていた。

その隣には1泊分のボストンバッグ。

中には財布、定期、通帳、水道水の入った水筒、グレーのパーカー、中学・高校のジャージ、ボロボロの下着2組のみ。

これだけではとても生活していけない。

でも家にも帰れない。

だって私は家出してきたから。

正確には追い出されたんだけど。

このまま私はただ餓死していくだけなんだと思った。

それで構わないと思った。


「ねぇ、何やってんの?」


聞き覚えのある声がしたかと思うと、雨に当たらなくなった。

私に傘を差し出してくれて話しかけてきたのは、仁坂(にさか)。


< 1/ 189 >