ケータイ小説 野いちご

たくさんの好きをキミに

彼はキスがしたかった。

「ちょいと桜也(さくや)さん」

「何ですか小春(こはる)さん」

「10回"好き"と言ってごらんなさい」

「…いいですけどその喋り方は何ですか?」


1つ年下の彼氏、桜也くん。
ミルクティーベージュの髪に透き通るような肌をしている男の子。

そんな彼と私はお付き合いをしている。


そして現在、放課後。
おうちデートをしている時、(特に私が)とてつもなく暇だったので本を読んでいる最中の彼に10回クイズをしてもらうことになった。

10回クイズと言っても「10回好きと言え」と命令(?)のようなものなのでひっかけでも何でもない。

ただ私が彼に"好き"と言ってほしいだけの茶番であり、自己満足だ。


< 16/ 31 >