ケータイ小説 野いちご

友達婚のススメ

産婦人科

 


『産婦人科と言っても、どこ行きゃいいんだ?』


わたしは考えていた。


考えても考えてもわからなかった。


そりゃそうだ。


行ったこと無いんだから。


『とりあえず、出かけるか……』


どこの産婦人科かも決めないまま、わたしはクロゼットからヘルメットを掴むと、家を出た。


セルを回してバイクのエンジンをかける。


髪の毛を軽くまとめてからヘルメットをゆっくり被って、左足でギアを入れた。


『いざ!産婦人科へ!!』


愛車のゼファーで街へ飛び出す。




< 10/ 73 >