ケータイ小説 野いちご

【短編】クロがないた日

はじまりは不穏な朝

妙な胸騒ぎで目が覚めた。
外はまだ真っ暗で、おばあちゃんは眠ってる。

脳裏によぎる、断片的な夢のかけら。
赤いスカートの女の子が、ボクに向かって話してる。
だけど、何を伝えようとしてるのか、分からなかった。
あの子は誰なんだろう?
もう一度寝ようと頭をもたげたけれど、胸の中が気持ち悪い。
ボクは無理矢理まぶたを閉じた。

朝ごはんを平らげて、いつものように散歩を始めた。

庭を通って玄関へ出て、まずはおじさんにご挨拶。
角まで塀のふちを歩き、屋根に跳び上って近道をする。
赤いトタンから空き地に降りて、土管の上で一休み。
前足と尻尾をぐぐっと延ばしていると、傍の柿の木に小さな命がひとつ、ふたつ。
ボクは耳を傾けた。
「やっと外に出られたね」
「七年、ずっと土の中」
「今日僕らは巣立つんだ」
そういって、油ゼミの二匹は空へと飛んだ。

ボクは土管をひょいと降りて、使われなくなった工場の中に潜り込む。
薄いベニヤとトタンの隙間から、体をすべらすとボクの秘密基地にたどり着く。
町の印刷所だった場所だ。
剥がれて落ちた天井から、青くてきれいな空が見える。
机の上に広げられた新聞紙の上に、ゴロゴロと転がり遊ぶ。
乾いた紙とインクの匂いがたまらない。
遊んでいるうちに睡魔がやってきた。
そういえば、今朝はあまり寝てなかったっけ。
ボクはそのまま寝入ってしまった。




< 5/ 11 >