ケータイ小説 野いちご

星屑の涙に君を想う

5.明かされた過去


 その日の夜、お風呂から上がってスマホを見ると、心臓がドキッと跳ねた。

 ずっと既読のついていなかったメッセージに、ようやく既読がついたのだ。

 そして海くんから、一通のメッセージがきた。

 ドキドキしながらトーク画面を開く。


『ずっと未読のままでごめん。
 話したいことがあるから、明日の夕方五時に、駅前に来てほしい』



 メッセージには、簡潔にそう書かれていた。

 この間の私の内容には答えてくれなかったけど、彼からメッセージを送ってきてくれたことがとてもうれしい。

 私はうさぎのふきだしに『OK!』と書かれたスタンプを送った。

 話したいこと……。

 それって、海くんの言っていた「あのこと」に関係するのかな。

 デートは初めてではないし、そもそもこれはデートではないけれど、やっぱりふたりで会うとなると、緊張するなぁ……。

 私はそわそわしながらも、スマホの電源を切った。

< 39/ 64 >