ケータイ小説 野いちご

白いジャージ3 ~先生とバージンロード~

第2章
ちょっとした「嘘」




「ゲホゲホ・・・」



朝起きてから咳が止まらない。




昨日、夜中に目が覚めて、なんだか体がだるいと思ったんだけど、もしかして風邪引いちゃったのかな・・・




「おはよう!直!!」


「おはよう、お母さん・・・」



お母さんは私の声を聞いて、風邪じゃないかと心配した。


でも、私は平気平気と笑顔を向けた。



だって、今日からお父さんとお母さんは1泊旅行。


お父さんが記憶を失ったあの恐怖の旅行から、一度も泊まりの旅行に行っていなかった。


随分前から楽しみにしていた旅行の当日の朝に、娘が具合悪いなんて・・・絶対言えない!



お父さんとお母さんのことだから、心配して旅行を楽しめないと思うし、キャンセルなんて言い出しちゃうかも知れないし。




「今日は、先生の家にちゃんと泊まるのよ!」



お母さんは朝食を作りながら、同じことを何度も言った。



「そんなこと言わなくても、直は泊まるに決まってるだろ~!先生と一緒にいたくて仕方がないんだから」


お父さんにからかわれたけど、本当にそうだよね。




行くなと言われても行きたいくらいなのに、堂々と「泊まりなさい」なんて言われて、行かない訳がない。




「ゲホホホホ・・・」




家を出るとますます咳がひどくなった。



今日は一段と寒い。


季節はもう冬へと移り変わろうとしていた。






< 73/ 391 >