ケータイ小説 野いちご

Far away ~いつまでも、君を・・・~


鬱陶しい梅雨の時期が過ぎ、期末考査も終わり、後は夏休みを待つばかりとなった。


この日は、1学期終業式を控えた午前授業。昼食を摂り終え、弓道場に入った彩を


「主将、お疲れ様です!」


と聞き慣れた元気な声が出迎えた。由理佳たち3年生は引退し、部活に顔を出さなくなり、後任の主将に指名されたのは彩だった。


「彩しかいないよ、わかってるよね。」


そんな言い方で、自分の主将就任を由理佳から告げられたのは、インタ-ハイ予選から2日後のことだった。


「インタ-ハイ、悔しい思いしたよね。それをバネにして、みんなを引っ張ってって。頼んだわよ。」


「はい。」


彩はそう言って、由理佳に力強く、頷いて見せた。その彩の主将就任を誰よりも喜んだのは尚輝だった。


「やっぱりなぁ。俺も彩先輩しかいないと思ってましたよ。おめでとうございます。」


ニュ-スを聞いて、早速寄ってきた尚輝に


「おめでたいかどうかは、あんた達次第。あんた達が結果出してくれなきゃ、私1人じゃ、どうにもならないんだから。」


彩は厳しい言葉を投げつける。


「はい、任せて下さい!」


そう威勢よく答える尚輝を見て、調子のいい奴、と内心思った彩だったが、その後、尚輝が道場に常に一番乗りして、自分を出迎えてくれる姿にやや認識を改めていた。


「あんた達も、もう基礎練習は卒業。10月の新人戦に向けて、バリバリやってもらうし、私達は秋の県大会が次の目標。いいね。」


「はい!」


彩の言葉に、目を輝かせて答える尚輝。相変わらず、じゃれ付いて来るのは鬱陶しいし、彼のラブコールに応えるつもりは全くないが、自分が主将になったことで、尚輝の弓道に対する姿勢が、前向きになるのなら、それはそれで悪いことではない。


(私にとってはいよいよ最後の1年。悔いのないようにやらないと。)


彩は気合を入れる。

< 19/ 290 >