ケータイ小説 野いちご

Far away ~いつまでも、君を・・・~

プロロ-グ

その光景を目の当たりにした時、俺の呼吸は止まった。


(天女が舞い降りた・・・。)


そんなことを本気で思ったんだ。


一目ぼれ・・・だった。

< 1/ 290 >