ケータイ小説 野いちご

その答えは恋文で

5通目:勉強と条件


 我々学生が有意義な夏休みを迎えるにあたって、それはそれは大きな大きな障害がある。


 ──期末試験だ。


 その高くそびえ立つ壁を乗り越えなければ私達は楽しい夏休みを過ごせない。
 万が一、教師から赤点という名の死刑判決が下されれば、補習という名の監獄が待っているのだ。

 ……駄目だ。

 それだけはなんとしても避けねばならん。
 だって私には、夏休み期間中家に引きこもって積読(つんどく)本を制覇するという素敵な目標があるのだから!!

「なら勉強しなさいよ」

 カチカチと気だるげにシャープの芯を出しながら、由香がバッサリと言った。

「わかってる! わかってるけどわからないの!」

 ドンと机を力強く叩くと、上に乗っていた教科書やら参考書やらがバサバサと床に落ちた。私は溜息をつきながらそれらを拾い上げる。

 そう。完全なる文系の私は理数系の分野がどうも苦手らしい。数学なんて特にそうだ。現文の平均が九十五点前後なのに対し、数学は良くて四十点そこそこしか取れない。まさに月とスッポン、雲泥の差である。因数分解? 解の公式? え? 何それ美味しいの?

「彰サマに教えてもらえばいいじゃん」
「え? なんで?」
「だってアイツ学年トップだもん。こういう時に使わなくてどうすんのよ」
「が……学年トップ? 平岡くんが?」
「はぁ!? まさか……知らなかったの?」

 そのまさかである。由香は呆れたように溜め息を吐いた。

「アンタ廊下の順位表見てないわけ?」
「自分の順位以外興味ないもん」
「……それもそうね」

 そこで納得されるのも悲しいが仕方あるまい。他人にさして興味がないのだから。

< 34/ 122 >