ケータイ小説 野いちご

年上幼なじみのあぶない溺愛

5.あぶない状況




 1年になって初めてのテストが近づいてきたある日のこと。


「志羽、テスト勉強は捗ってる?」
「……っ」


 春哉くんと家から駅まで一緒に行くのが日常となり、今日もまた彼と並んで歩いていた。

 そのときにテスト勉強について触れられ、思わずぎくりとしてしまう。


 正直、まだ1年の最初だから大丈夫……と油断してしまっている自分がいるのも確かだった。

 この高校に合格したのもギリギリだというのに。本当は危機感を持つべきところ。


< 76/ 380 >