ケータイ小説 野いちご

年上幼なじみのあぶない溺愛

4.ふたりの相談相手




 高校生活が始まり、1ヶ月が経った。

 特に大きな問題など起きることなく、平穏な毎日を過ごせていた。


 春哉くんと幼なじみであることもバレず、友達とも良好な関係を築けている。


「あー、早く体育祭が始まらないかなぁ」


 今日はクラスの親睦を深めるのが目的の遠足で、バスに揺られながら望美ちゃんがおよそ1ヶ月先の行事について触れていた。


「体育祭……?望美ちゃん、今日は遠足だよ」

「もちろん知ってるよ?でも私はイケメンな先輩たちと関わりを持てるきっかけを作りたいの〜!」


 大きめの声で話す望美ちゃんのいうイケメンな先輩たちの中に、もちろん春哉くんも含まれている。


< 54/ 380 >