ケータイ小説 野いちご

年上幼なじみのあぶない溺愛

2.はじめての男友達




 登校初日はいい天気に恵まれ、快晴だった。

 家から駅までの道を春哉くんと歩く中で、当たり障りのないやりとりをしていた。


「入学式の日にクラスメイトとは顔合わせしているんだよね」

「うん!何人かと話したんだけどね、みんないい人たちだった!」


 中でも出席番号がひとつ前の前嶋望美(まえしまのぞみ)ちゃんとはたくさん話した。

 早速連絡先も交換して、何度かやりとりしていたほどだ。


 最初は高校1年生に見えなくて、大人びた望美ちゃんに圧倒されたけれど、話してみると楽しかった。

 少しサバサバしているだけで、明るいお姉さんのような人だった。


< 21/ 380 >