ケータイ小説 野いちご

年上幼なじみのあぶない溺愛

7.知らないフリ



 高校生になって初めてのテストは、火神くんや春哉くんに教えてもらったこともあり、2桁の順位で終えることができた。

 私たちの高校は学年ごとに上位10名までが廊下の掲示板に貼り出される仕組みのようで、なんと火神くんも春哉くんもそこに名前が記されていた。


 春哉くんが賢いというのは知っていたけれど、まさか火神くんまで……確かに教えてもらっているときから説明が上手でわかりやすいと思っていた。

 ふたりとも、かっこよくて頭も良くて、運動も得意で……本当にすごい人たちだ。


 火神くんはここ数週間で、同級生や女の先輩たちに声をかけられているのをよく見かけていた。

 どうやら学年1イケメンだと騒がれているようだ。そんな人と友達なんて恐れ多い。


< 119/ 380 >