ケータイ小説 野いちご

イケメン生徒会長の甘くて危険な溺愛



ワインレッドの柔らかな絨毯。

壁面にはずらりと書棚が並ぶ、異質な空間。


生徒会室。


さながら、王家の一室みたいな部屋。



学校にこんな場所があったなんて。



正面奥の大きな木製テーブル。



その向こう側でゆったりと足を組んで椅子に座る、男。



背後の窓から差しこんだ光が、彼の輪郭を綺麗に縁取っている。



それが、彼特有の儚さを際立たせていた。




「…桜田未来」



通る低い声が、この静かな部屋に反響して。



「君の情報は、ほとんど揃っている」


まっすぐな瞳が、少し細められて。



「傍に置くのに、申し分ない、と判断した」


薄い唇が、にやり、愉快げに歪んで。



「挑発的な女は、嫌いじゃないんだ」


誘うような、声。




「…これは、会長命令だ」




「俺の女になれ」




こんな告白、見たことも、聞いたこともない。




< 1/ 432 >