ケータイ小説 野いちご

イケメン生徒会長の甘くて危険な溺愛

会長のご同行です
□会長はナイト?



晴天の、野外活動当日。


お気に入りのパーカーとデニムに髪はポニーテール、気合十分。


鼻歌まで歌いそうな勢いで、沢山のバスの停まった学校のグラウンドに着いた。



みんな各々動きやすい私服を着ているので、新鮮な感じだ。

こういうのも、わくわくする。



自分のクラスのバスを探している途中で、きょうちゃんと森川を見つけて2人に駆け寄った。


「おっはよう!いい天気だねー楽しみだねー」


にこにこ、意識しなくても笑顔が溢れてきてしまう。



なにせ2年になってからというもの、色々あって、そう、色々あって、クラスメイトからは微妙な距離を置かれていた。



もともと友達を作るのがそんなにうまいタイプじゃないのに、

『会長の周囲をうろついている謎の女』

というレッテルを貼られた私のハンデはすごい。



< 117/ 432 >