ケータイ小説 野いちご

惚れたら最後。

Prolog

闇が根強く生きる現代。

ヤクザ、マフィア、詐欺師──数多のアウトローが裏社会の闇をうごめいている。

そんな世の中において、情報を網羅している人間がいる。

その名を『(ふくろう)』。

闇を生きる正体不明の情報屋。

裏社会の人間なら誰しもが『彼』を頼る。



「今日は、満月か」



だから月を仰ぎ見る金色の双眼が、梟本人であるとは誰も知らない。



「あんたの死んだ日にそっくりだね、“夢”。
それじゃあ、いってくるよ」



今宵も翼を広げ闇に飛躍する。

これはそんな、美しき梟の物語。

< 1/ 312 >