ケータイ小説 野いちご

優秀ドクターと溺愛新婚生活〜結婚するなんて聞いてない!〜

4.溺愛はほどほどに



目の前のキッチンには、つい2日前頼んだ調理器具がずらりと並んでいた。

それも、高級なものが一式。いつ使うんだと聞きたくなるようなものまで勢揃いだ。


きっと、今人が来ても、ここに何も無かったなんて思う人は誰もいないだろう。


それに、冷蔵庫にもぎっしりと新鮮な食材が入っている。



「葵、全部揃えさせてみたんだけど、これで足りる?」



朝起きて、なにやら宅配が来たと思ったら10分もしないうちに整ってしまったキッチン。

足りるどころか多すぎるくらいだ。


寝ぼけていた目も、おかげですっかり冴えた。



「あとこれ、今月分のお金。好きに使って?」



そう言って、爽介さんは分厚い茶封筒を私に差し出した。


これは、経費という事?物はほとんど揃っているし、食材もこれだけあるから、お金なんてほとんど使わないと思うのだけれど......。


< 80/ 183 >