ケータイ小説 野いちご

優秀ドクターと溺愛新婚生活〜結婚するなんて聞いてない!〜

2.旦那様は甘すぎる



やっと、頭が正常に動くようになり、理解する事が追いついてきてから、私は家に案内された。


病院の隣にある、高級マンション。

心のどこかでは、案内されるとわかった時に、ここじゃないかなとは思っていたけれど、実際に見るのは全然違った。


超高級物件と有名なそこは、お金持ちしか足を踏み入れないと一目見てわかる場所だ。


エントランスに入ると、大理石でできた床。出入口付近にはコンシェルジュが立っている。



「ここはコンシェルジュが24時間いるから、何かあれば、彼らに伝えておけばいい」



そこを素通りしながら、私はペコッと頭を下げて、爽介さんの後をくっついていく。



「僕のーー、いや僕達の家は4階の401号室。エレベーターを降りてすぐ左の部屋だよ。これがカードキー」



はいっと、カードを1枚渡される。そのまま開けてみてと促されて、私はカードを差し込むと、ピーッと音がなり、鍵が解除されたことがわかった。


< 26/ 183 >