ケータイ小説 野いちご

優秀ドクターと溺愛新婚生活〜結婚するなんて聞いてない!〜

6.ふたりの時間はとびきり甘く



爽介さんの言った通り、朝食後に甘い1日が始まった。


とは言っても、家事をしない訳にはいかないので、まずは終わらせようと思ったのだけれどーー。



「僕も手伝うよ」



そう言った爽介さんと一緒にやることになった。



「分かりました!じゃあ、私は洗濯と掃除しちゃうので、爽介さんは洗い物お願いします」


「うん、任せて」



自信たっぷりに答えた爽介さんに、朝食に使った食器を任せて、私は脱衣所に向かい、洗濯機を動かす。

とは言っても、洗濯物と洗剤を入れてスイッチを押すだけで終わるのだけれど......。


私は、動いたのを確認してから1度リビングに戻った。



「......爽介さん?えっと、それは何をしてるんですか?」



リビングに戻り、キッチンを見た私は、思考回路が一瞬止まった。


爽介さんに頼んだのは、洗い物だ。

そのはずなんだけれど、何故か私が朝ごはんを作った時よりキッチンは汚れていた。というより、物が溢れていた。


< 118/ 183 >