ケータイ小説 野いちご

校内1の王子に『恋』しました

第2章
相合傘



ピピピピッ

今日はアラームを忘れることなくちゃんと起きれた。

制服に着替えて、朝ごはんを食べる。

ピンポーン

ちょうどいいタイミングでインターホンが鳴る。

…遥人先輩かな?

「…誰かしら?」

お母さんが玄関へと向かう。

待って!お母さんが遥人先輩に会ったら絶対勘違いする_!

急いで玄関へ向かうが、一歩遅かった。

「…美紅!美紅の彼氏がお迎えきてるわよ!」

< 52/ 361 >