ケータイ小説 野いちご

校内1の王子に『恋』しました

第1章
王子との出会い

チュンチュンッ

ん…もう朝?

眩しい太陽の光がカーテンの隙間から差している。

「美紅!もう8時半だけど遅刻しちゃうわよー?」

お母さんのその声に目が覚める。

アラーム設定するの忘れてたんだった!

慌てて下に降りて、準備をする。

星蘭高校の制服を着て、鏡の前に立つ。

青いチェックに蘭の刺繍が入ってるスカートに、白いベスト。
胸元にはスカートと同じチェックのリボン。

地元ではかわいいと噂の制服。

『行ってきます!』

< 2/ 361 >