ケータイ小説 野いちご

ロミオとジュリエットは犬猿の仲

お友達からはじめましょう

放課後になり帰り支度をしてる時、
廊下から俺を呼ぶ声がした。


「ロミオ先輩!一緒に帰りましょー!?」


そこには昼休みに俺に告白してきた、
1年生の女子、城坂 姫香が手を大きく振って立っていた。


「城坂さん・・・」


俺が渋々城坂さんの元へ行くと、
教室が少しざわつき始めた。


「ロミオ君って彼女いたの・・・!?」


「誰とも付き合ってなかったんじゃ・・・?」


「というか、彼女は真樹さんじゃないの?
・・・ジュリエットなんでしょ?」


梨恵は彼女じゃねーよ・・・!

ってか・・・


城坂さんも彼女じゃないんだが・・・!?



< 61/ 97 >