ケータイ小説 野いちご

懐妊一夜~赤ちゃんを宿したら極上御曹司の盲愛が止まりません~

干物女子の日常

高層ビルが建ち並ぶオフィス街。時刻は昼の十二時を少し回ったところ。

同僚とランチ休憩を取ろうと会社を出れば、頭上からは燦々と太陽が降り注ぎ、熱風が通り過ぎていく。

エアコンが完備された快適空間で仕事をしている私の体は、この急激な温度差を拒絶気味で、思わず、眉を顰めた。

一刻も早くこの状況から抜け出したくて、会社近くの喫茶店を目指す私の足並みは、自然と早くなっていく。


「ねぇ、蜜葉?(みつは)今日、お昼から副社長が部長との打ち合わせに来るって知ってた?」

数分後、喫茶店に着いてランチメニューを選んでいる私の耳に届いた同僚のそんな声。

視線を彼女の方に向ければ、どこか嬉しそうに微笑む姿があった。彼女の名前は、秋沢 茜(あきさわ あかね)。私が公私共に仲良くしている、会社の同僚だ。

「ふーん、そうなんだ……。だから朝から部長、あんなにそわそわしていたのね」

妙に納得した。

「蜜葉ってば、副社長にまったく興味なさげよね」

「だって、彼は住む世界が違う人だもの。好意を抱いたところで手の届かない人でしょ。まぁ、目の保養にはなるけどね」

「蜜葉は、本当に現実主義ね」

私の返答を聞くと、茜が盛大な溜息を吐いた。

< 1/ 140 >