ケータイ小説 野いちご

穢れ払い


翌日、平山先生の噂を聞き出すため、あたしは芸術クラスへと足を向けていた。


といってもこのクラスには知り合いがいないため、誰に声をかけようかと考えて入口の前で棒立ちになってしまった。


見知らぬ生徒たちが突然訪れたあたしへ視線を向けてなにかコソコソと会話しているのが聞こえてくる。


居心地の悪さを感じたその時だった。


「あれ? あなたもしかして昨日美術部に来てた子?」


1人の女子生徒がそう声をかけてきてくれたのだ。


ショートカットの彼女の胸には大山というネームが付けられている。


あたしはホッとして微笑み「そうだよ」と、頷いた。


「もしかして入部希望? 平山先生に伝えておこうか?」


大山さんの親切心に、あたしは慌てて左右に首を振った。


「そうじゃなくて、ちょっと話が聞きたくてきたの」


「話? 美術部の?」


その質問にはあいまいに頷いた。


そうであって、そうじゃない。


とにかく、生徒が沢山いる場所では話せないことなので、あたしは大山さんと共にひと気のない廊下の隅へと移動した。

< 157/ 201 >