ケータイ小説 野いちご

君といっしょに

病院
結菜side


ん……

目を開けると外は真っ暗になっていて、かなり眠っていたことに気づいた。
体調もさっきよりはましになっているし良かったと思っていると



-ガラガラ
ドアが空いて白衣を着た女の人が入ってきた。

看護師さんかな?
きれいな女の看護師さんでもやっぱり病院の人は怖い……


話しかけられたくない、そう思って俯いていると、


「結菜ちゃん、起きたんだね。
私は、看護師の村上 夏菜です。

私のことは夏菜って呼んでね」


笑顔で話してくる。





< 27/ 218 >