ケータイ小説 野いちご

キミに恋なんてありえない!?

一番苦手な嵐の日







次の日の6時間目のこと。





体育の授業だ。


女子は体育館でバレー。男子はその隣でバスケをしている。



今私は試合中。

ボールが私に向かってきたのでそのままダンっとアタックした。


「萌桃ナイスー!!」


羽瑠が手を挙げてきたのでパシン!とハイタッチした。


「萌桃は運動神経いいんだね」

「ふふ、ありがとう」


2人で話していると


────ザァァァァァ


「「え?」」


羽瑠と一緒に声を上げ外を見た。
私たちだけじゃなく体育館にいる人全員が外を見た。



え、


「…雨?」





< 59/ 319 >