ケータイ小説 野いちご

私に恋する可能性




「え、一緒に帰らないって言われたんでしょ?」


昼休み終わり、みっちゃんの元に行き、報告をした


「言われたよ?」


「なんでそんなに元気なのよあんた」





「私はいつも元気だよ?」


「いやいや、落ち込まないの?」


落ち込む?


「ずっと一緒に帰らないって言われたんでしょ?」


「だって相手は多岐くんだからね!普通にいかないことは承知の上さ!」


「…まじか…つ、強いね」


さんきゅ!


「でも…だったら何すんの?付き合ってんのにいつ話したりすんの」


ん?


それは、別に学校じゃなくても


デートとかメールとか…


あ!



「私連絡先知らないや!」


「はぁ」


「デートするにも何するにも連絡先知らないのは不便だよね!放課後聞いてくるよ!」


「…ひなた」


「ん?」


「もし、連絡先教えてもらえなかったら…私に言って」





「わかった」


なんだろ


連絡先知ってるのかな


いやそんなわけないか


だってみっちゃんは多岐くんのこと嫌いっぽいし


早く素敵な人だって教えてあげないとね!




< 9/ 270 >