ケータイ小説 野いちご

不良男子は溺愛体質

episode*02
愛おしい生き物*side烈





「みずき、くんっ……」



ぎゅっと、俺に抱きついてきた花絵。

俺は訳がわからず、目を見開いて花絵を見つめた。


涙が滲んだ瞳で、見つめられる。



「ごめんなさい、水城くんっ、ごめんなさいっ……」



周りがどういう関係だと俺たちを見つめているけど、一番驚いているのは俺自身だ。

急に、どうしたんだ……っ。



「花絵、落ち着け。どうした?」



とにかく落ち着かせようと、頭を撫でる。

花絵はじっと俺を見つめながら、ぽろぽろと涙を流して口を開いた。



「私が好きなのは、水城くんだけだよっ……」

「……っ」



“好き”という言葉に、安易に反応してしまう自分がいる。



< 65/ 78 >