ケータイ小説 野いちご

【短編】僕の本気

僕の本気





『好き』



そう、僕に言ってくれたのも




『付き合ってください』




って、言ったのも





愛おしい君だった。






< 1/ 51 >