ケータイ小説 野いちご

ねえ、知ってる?【上】

① 出会いと始まり
「初出勤」




 四月の最後の土曜日。


 大和くんの家を訪問した次の日であり、ゴールデンウィークの一日目。


 私の初出勤日だった。


 ちなみに大和くんは目が覚めて置き手紙を見てすぐに『手紙までありがとう。また家来て』、と連絡をくれた。

 
 夜になると熱も下がったみたいで本当に良かった。


 やっと大和くんと本当の友達になれた気がする。
 

 この話はまだ、陽十香にはしていない・・・。


 昨日私の初出勤だということで夜にLINEをくれたのだが、なんとなく、恥ずかしくて言うのはやめておいた。




< 74/ 395 >