ケータイ小説 野いちご

キミが可愛くてたまらない。

02*初めての気持ち。
妬かせたい*side煌貴



インターホンを鳴らすと、真由はすぐに出た。



「俺。煌貴」

『今開けるね!』

別に幼なじみだし、家の行き来だって何度もしている。

真由には毎朝俺の家に来て起こしてもらっているし。

だから、インターホンなんか使わずに勝手に入っていいよって真由は言うけど、俺が頑なにダメだと言っていた。

もし俺じゃない誰かが入ってきたらどうするんだ。

危ないから、1人でいるときは絶対に鍵を閉めること。容易に鍵は開けないこと。……って、昔から強く言い聞かせていた。

真由はただでさえ無防備だからな……。

バタバタと慌ただしい足音が聞こえ、扉が開かれる。



「えへへ……どうぞ入って」



俺を出迎えたのは、可愛い服をまとった真由だった。

キャミソールに薄手のアウターを羽織って、下はゆるっとしたショートパンツ。
一瞬、動けなくなってしまう。

< 98/ 136 >