ケータイ小説 野いちご

キミが可愛くてたまらない。

01*私の幼なじみ。
可愛い幼なじみ*side煌貴


俺には、幼なじみがいる。



「こうくん、起きて! 朝だよ……!」



俺の名前を呼ぶ可愛いソプラノの声に起こされ、ゆっくりと視界が広がっていく。
申し訳なさそうに身体をゆすってくる手は随分と控えめで、たったそれだけのことが俺の心臓をかき乱す。



「こうくん、起きてっ!」

「……ん゛ー……あとちょっと……」



もうちょっとだけ、2人きりでいたい。

1日の中で、この瞬間が1番好きなんて言ったら、真由はきっと頭の上にいくつもはてなマークを並べるだろう。

世界で1番可愛い真由が、俺だけを見てくれる瞬間。

……まあ、そんなこと本人には絶対言わないけど。

< 18/ 136 >