ケータイ小説 野いちご

無気力な高瀬くんの本気の愛が重すぎる。

届ける本音


放課後になって、穂波のランチバッグを抱えたまま昇降口付近をウロウロしていた。

明日も学校があるし、なかったら困るよね。

だけど……どうしよう。

「よう」

ポンと肩を叩かれて、ビクッと肩を震わせる。

とっさに持ってたランチバッグを落とした。

スポーツバッグを肩にかけた西河が、そんなわたしを見て盛大に噴き出す。

「キョドりすぎな」

「ご、ごめんっ!」

「いや、いいけど。これ、落ちたぞ」

「あ……」

西河が拾ってくれたランチバッグは穂波のもの。

「上条?」

なかなか受け取らないわたしに西河は不思議そうな顔をする。

「それ穂波のなんだ。返しててくれる?」

「え? あ、そういえば見たことある柄だな。どうして上条が穂波のを?」

「まぁ、いろいろありまして……」

西河の目を見ていられなくなって、とっさにうつむく。

変に思われたかもしれない。

「もしかして穂波となんかあった? 昼休みが終わったあとぐらいから、様子がおかしいんだよな」

それは、まちがいなくわたしのせいだ。

その理由を西河に言えるわけはないけれど。

「落ち込んでるみたいだったよ、あいつ。だからこれは、上条から返してやって? 俺、これから部活なんだ」


< 96/ 229 >