ケータイ小説 野いちご

無気力な高瀬くんの本気の愛が重すぎる。

つかみどころ


──ピロリン

夜、ベッドに入ったときスマホが鳴った。

『穂波』という名前を見て、激しく鼓動が跳ねる。

そっとタップしてメッセージを開いた。

【環〜!お疲れー!明日の放課後空いてる?どっか寄り道して帰らない?話したいことがたくさんあるの】

話したいことって、西河のことだよね。

付き合いたてだから、きっと穂波は浮かれてる。

惚気話を笑って聞ける自信なんかない。

【ごめん、明日は予定があるんだ!】

いつもなら空いてる日の候補をいくつか送って、お互いに日にちを擦り合わせるんだけど。

会いたくない。今は会えない。

わかって、察して。

【いつなら空いてる?】

【ごめん、バイトもあってしばらく忙しい】

【そっか。だったら仕方ないね。また時間ができたら教えてね!】

穂波が悪いわけじゃないって頭ではわかってる。

それなのに……返信ができなかった。


< 44/ 229 >