ケータイ小説 野いちご

無気力な高瀬くんの本気の愛が重すぎる。

ダブルデート


「……き、環!」

「へっ……!?」

う、わぁ。

やばっ。

ボーッとしちゃってた。

休日のカフェで穂波とお茶しながら、ぼんやり浮かんだ高瀬の顔。

キスマークはすっかり消えて、合コンの日から早いもので一週間。

「どうしたの? ボーッとしちゃって」

「あ、いや、なんでもないよ。あはは」

この一週間、高瀬の様子がなんだか変で。

目が合うとあからさまにそらされたり、逃げるようにどこかに行ってしまうことが多々あり。

なんなの……?

わたし、なにかした?

そう思っても聞けるはずもなく、なんだか少しモヤモヤしてる。

まぁでもべつに、高瀬のことだから意味はないんだろうな。

「ねぇねぇ、環」

「んー?」

「うちのクラスで噂になってるんだけど」

「うん?」

「環と高瀬くんって、付き合ってるの?」

「ぶっ!」

ガシャン

カップを持ってた手が滑って、大きな音が鳴った。

「高瀬くんって、いろんな噂があるでしょ? それで少し心配になって」


< 132/ 229 >