ケータイ小説 野いちご

好きになってはいけません。

*幼なじみと甘い痛み





「とりあえず部屋割りは他のヤツと合流してから。
荷物置いたら着替えて海行くよ」



友樹くんが案内してくれた別荘から海水浴場までは目と鼻の先。


すでに服の下に水着を着てた笑美さんは、早々に海に向かっていった。



「友樹くん、
着替える場所借りたいんだけど…」


「テキトーにその辺の部屋使ってくれていいよ」


「ありがと…」



あれだけ友樹くんと一緒は嫌がってた芽依も、友樹くんの猛烈なアタックに満更でもなさそう。


私も着替えなくちゃと思って、友樹くんに許可をもらって、芽依が入っていった隣の部屋で着替えさせてもらうことにした。



「柚」


「ひぇっ!!」



部屋のドアを閉めようとしたら、蒼がドアの隙間に足を挟んできた。



「あ、危ないじゃん!!」



怪我するよ!?





< 89/ 258 >