ケータイ小説 野いちご

好きになってはいけません。

*幼なじみの心配





「は〜〜疲れた」



海で遊んだ後、


別荘に戻って部屋割りをして、芽依と同じ部屋にしてもらった。


帰ってきてからご飯食べて、お風呂も借りて、まるで修学旅行みたいな1日だった…。



ベッドに入り、芽依と恋バナなんかを始めようとしていた時。


芽依が携帯を見ながら、部屋を出て行こうとする。



「…芽依?
どっか行くの?」


「……うん。
友樹くんの部屋」



え!!


もうお風呂も入って、結構遅い時間なのに…?



「もう時間遅いよ?」


「誘われてたから。
部屋に来ない?って」


「でも…今から?」


「今日は友樹くんの部屋に泊まるの。
同室の蒼くんは追い出したって連絡来たから」



じゃあ行くね!と部屋を出て行く芽依。


う…嘘でしょ?


そこまで進展してたの…?





< 124/ 258 >