ケータイ小説 野いちご

仮の総長様は向日葵のような元姫さまを溺愛せずはいられない。

新しい場所、姫にならない選択。




* * *



「え……く、車?」

「うん。車だよ……陽平の」


うん……分かるよ。一回乗ったから。

だけど、学校に車で行く? そんなのあり?


「陽愛ちゃんは、助席でしょ? 乗った乗った〜」


え、えぇ⁈
反論する前に助席に押し込まれた。


「キスはするなよ〜〜陽平」

「は? するわけないじゃん、こんな朝に。」


なんて会話してる……けど。
というか、いつも車通学なのかな? 贅沢だなぁ……いいな。


「そういえばみんな同い年なの?」

「ん? 俺と庵と理玖が2年で陽愛と同学年、昇と蒼太は1年。」


え………み、見えない。
昇さんは1年だったの?見えない……3年かと思ったよ……。





< 97/ 271 >