ケータイ小説 野いちご

仮の総長様は向日葵のような元姫さまを溺愛せずはいられない。

付き合う、ということ。





【陽愛 side】


陽平くんの彼女になって数日。

陽平くんに転校しに来ないかと誘われて数日。


「陽愛、学校行ってくるね」

「うん、これお弁当ね。行ってらっしゃい」

「あ、そうだ。今日帰って来たらお祭り行くから準備しといて。」


お祭り……? お祭りって何?
聞こうと思ったのに、もう「行ってきまーす」なんて行ってしまった。

……うそ。準備ってなんなの!?
私、お祭りなんて行ったことないのに。


コンコン━︎━︎━︎━︎━︎━︎

「陽愛ちゃん。ちょっといい? 選んでほしいんだよね」

悠介さん……?
話したことないのに私の名前知ってるの? ……というか、選んでほしいものって何?






< 83/ 271 >