ケータイ小説 野いちご

仮の総長様は向日葵のような元姫さまを溺愛せずはいられない。

Prologue.
*もう元には、戻れない。




あの日、私は全てを失った。

友達を

家族を

仲間を……


大好きだった彼を。



もう元になんて戻ることはできない。


あの日のことはよく覚えてるのに、


楽しかったあの日常は思い出せなくなっていた━︎━︎……。














< 1/ 271 >