ケータイ小説 野いちご

同居中のイケメン幼なじみが、朝から夜まで溺愛全開です!

TURN*1
千景くんの専属

「───────以上、新入生代表、桐ケ谷千景」


ホール内が大きな拍手に包まれる中、わたしはポーッと壇上の千景くんを見ていた。


「千景様〜!」

「素晴らしいお姿だったわ」

「眩しすぎて目を当てられないっ」


通路を歩いてくる彼、千景くんにホール内のほとんどといっても過言ではない女子からの熱視線が注がれる。


「すごいわね、さすが特Sクラス」


隣に座る派手なプラチナブロンドの髪の女の子がボソッとつぶやいた。


「あのー、特Sクラスって?」


「え、知らないの?」


こわごわ声をかけると、まんまるに見開かれた瞳にわたしが映った。碧い瞳に高い鼻筋。


色白でとても美人だ。小顔でスタイル抜群で、モデルさんみたい。



< 42/ 457 >