ケータイ小説 野いちご

涙の数だけ

ホントウハ





「ゆずちゃんのこと…好きなんでしょ?」


突然のその言葉に俺はお茶を吹き出しそうになる。

何を言ってるんだ…紗智は。


『バカなこと言うなよ』

ただ、紗智には俺のウソは通用しない。

今までだって俺のウソは見破られてきた。



「ま、いいわ

雄志はああいう子に弱いこと、私は知ってるから」


ふと、思った。

紗智と新垣はどこか似ている。



「ゆずちゃんは…弱い子だわ

けど、それ以上に秘めた強さを持ってる


自分の弱さを隠すことのできる鎧のような強さ。

野外学習でその鎧がほんの少しだけ剥がれた。


でもあの子はもう、繕った。」


鎧…紗智の表現は当たっている

その通りだ。



アイツはものすごく分厚く、重い鎧をいつも身にまとっていた。

そのせいで新垣の弱さに誰も気づいてやれなかったんだ。








< 32/ 38 >