ケータイ小説 野いちご

涙の数だけ

プロローグ







『ネクタイが緩い!!』


『シャツをしまえ!!』


『ボタンをしめろ!!』



そんな喝を飛ばす俺の前に突如現れた彼女




「先生、厳しい」


「先生、顔が怖い」


「先生…ごめん」


「先生…大丈夫だから」



いつも笑っていた彼女の目に浮かんだ涙


頑張りすぎたための彼女の涙は

苦しすぎたために零れた彼女の涙は




俺の硬い心を優しく包み込んでくれた



きっと一生忘れることのできないたった1人の生徒





『新垣 ゆず』






< 1/ 38 >